ローディングセミナー

« 全てのセミナー

  • このセミナーは終了しています。

【四国】歩行の再考~臨床で使える歩行効率の評価と治療~

2018年7月18日 (水) @ 19:00 - 20:30

| 2200

歩行は静歩行と動歩行に大きく分けることができます。

歩行中の筋活動は最大筋力の約25%(Perryら.1986)とも言われており、エネルギー消費が少ない方が屋外活動上では効率がよいと考えられます。

しかし力を入れて一生懸命歩くような患者様は静歩行であることが多く、歩行効率の観点からは非効率的と思われます。

 

本セミナーでは、バイオメカニクスや神経科学的な観点から実技も交えながら歩行(装具も含む)を再考します。また上肢との連動性にも触れ、ADLや応用動作などの作業療法プログラムにも一工夫できるような内容にする予定です。

※本セミナーは実技を中心に行います。

詳細

日付
2018年7月18日 (水)
時間
19:00 - 20:30
費用:
¥2200

講師

中山 直樹 先生 (四国医療専門学校 講師/ 認定理学療法士(脳卒中、運動器) / 介護支援専門員)

会場

香川県青年センター
〒769-0102
香川県高松市国分寺町国分1009
マップを表示